調べながらやるストラテジー&RPG

株関連はオワコン気味のため、内容を変更しつつあります。

天童市ふるさと納税 アンケート回答で粗品

対象

天童市ふるさと応援寄附」に、2021年12月1日~12月10日にご寄附いただきました皆さま

内容

ご協力いただいた方には、粗品として

をお贈りいたします。
粗品の発送には3か月程お時間を頂戴いたします。

とりあえず申し込んでおいた。

名入れ将棋駒ストラップは格好良さそうだった。
馬の中に金が入っているやつにした。

1月発送予定のフルーツに昨年申し込んだのだが、実は品物の到着が遅れそうだとか、何か事情があるのだろうか。

フルーツは遅れも無く、年初に到着

洋ナシ、おいしい。りんご、蜜だらかで甘すぎるものではなく、ほどよい酸味もありシャキシャキ。おいしい。

名入れ将棋駒ストラップは入っていないので、別口での発送のようだ。

CIV4 小大陸独りぼっち、だが諦めるなシュメール(皇帝)

何回か国王でやったが、やはりヌルかったので皇帝に復帰し、フラクタル・巨大・ランダムで開始。シュメールを引いた。

首都は、人口の伸びは期待できないものの金山は2個あるので、序盤を生き残るには十分な場所といえる。

f:id:tombi-aburage:20211219070620p:plain

ターン66 小大陸に独りぼっちということが判明した

全然他の文明に出会わないので、もしかしてと思っていたが、やはり小大陸に独りだけ出現していた。

斥候や戦士で湧き潰しをしており、完全に箱庭なので、研究開発や内政はリスクなしで好きな順序に組めるし、金山が5個もあるので、技術交換無しでも遅れは出ない。

文学目指して、美学を研究している。

f:id:tombi-aburage:20211219070658p:plain

金以外の幸福資源が無いので、ピラミッドを建てて政体変更するか、早々に他文明とするかしないと、この小大陸の中で半端な人口の王国を築くだけで終わりそうだ。

ターン93 北の方に別の陸地があるらしいので都市を建設

領土の北辺に魚2匹があったので、両方が入るように都市を建設した。
すると、北西方向に浅瀬があることが分かった。

f:id:tombi-aburage:20211219070759p:plain

5ターン後、別の文明(ブーディカ・ケルト)の端っこが見えるようになった。創造志向万歳。

f:id:tombi-aburage:20211219070831p:plain

この小大陸から早く出ないと詰むので、もちろんガレーを生産する。

ターン107 蛮族槍兵がウロウロしている

湧き潰しの監視網をかいくぐって、蛮族槍兵が30ターンくらい前に国土南端で発生している。しかし何故か都市の方には近づいてこず、ずっと辺境をフラフラしている。

こちらは戦士や斥候で監視し続けているのだが、このあたりの数タイルでステップを踏み続けているだけ。何故かは分からない。

f:id:tombi-aburage:20211219071002p:plain

ターン111 アレクサンドリア図書館を建設完了

今のところブーディカ・ケルト、中国・毛沢東しか他文明は知れていないが、少なくとも文化の開発は一番乗りだったらしく、首都の貧弱な生産力でもアレクを建てることができた。

f:id:tombi-aburage:20211219071004p:plain

ターン113 ガレーとチャリで探索したら染料の名産地を発見

じゅる…欲しい。暦開発終わっていないけど欲しい。

f:id:tombi-aburage:20211219071051p:plain

ターン122 じゅる…宝石、砂糖…欲しい

チャリがブーディカ・ケルト領内を探索する。まだまだあるぞ、幸福資源が。

f:id:tombi-aburage:20211219071202p:plain

ターン128 北東方面に進出できそうな場所が残っていた

砂漠が多くて人気が無かったらしく蛮族都市がまばらに立っているだけの場所があった。他の部分はあらかた他文明の都市がひしめいているのだが、この辺りは余地がある。しかもそれほど悪い場所でもない。

f:id:tombi-aburage:20211219071237p:plain

絶対にここに進出せねばならない。ガレーをもう一隻増産して、開拓者やチャリオットを何個か送り込むつもりだ。

ターン133 スコアトップのマヤはブーディカの北側に陣取る

東端の蛮族都市2個以外は、マヤ・ブーディカの都市で埋められている。

ナポレオンと毛沢東で戦争が始まっており、毛沢東は早期に接触しているので、東北方面に毛沢東がいて、その向こうにナポレオンがいると推測できる。

f:id:tombi-aburage:20211219071307p:plain

次のターン、空中庭園の建設が完了した。

f:id:tombi-aburage:20211219071338p:plain

スコアのグラフはブーディカとの比較でしか分からないが、順位はマヤ・パカル2世の次とのことなので、小大陸であっても独占していたことにより、上位に留まることができていたようだ。

f:id:tombi-aburage:20211219071418p:plain

世界遺産は、首都ウルクにアレク、空中庭園は確保したが、マヤ、未知が2個ずつ建てており互角の戦いとなっている。

f:id:tombi-aburage:20211219071439p:plain

ターン139 開拓者が位置についた。

東岸の豚・魚・氾濫原をカバーする位置に上陸拠点の都市を建設し、本土では用済みのチャリをガレーでピストン輸送して防備を固めている。

内陸の方に大理石があったので、楔を打ち込むべく、開拓者とチャリを移動させた。

f:id:tombi-aburage:20211219071749p:plain

チャリオットに同乗しているのは、かの有名なミケランジェロ(大芸術家)。

f:id:tombi-aburage:20211219071759p:plain

文化爆弾ドカーン!

砂漠に散らかっていて普通では回収しづらい大量の香料を文化圏内に収容。
ついでにマヤ・パカルの馬まで横取りできた。怒ってなければいいけど…

f:id:tombi-aburage:20211219071822p:plain

ターン145 世界遺産がマヤ・ケルトに続々ととられている

マヤはヒンズー、ケルトは仏教なのだが勢力拮抗しているのか、特に戦争が起きていない。ハギア・ソフィアも建てられてしまった。平和、よくない。

f:id:tombi-aburage:20211219071901p:plain

ターン151 ケルトの南方に、ポルトガルがはびこっていた。

新大陸(当方主観)を探索中に、ポルトガル、朝鮮、アメリカ先住民に遭遇しており、所在不明だったが、ポルトガルに関してはケルトの南方と判明した。

f:id:tombi-aburage:20211219071925p:plain

ターン169 東方海上ビザンティン帝国が巣食う小大陸を発見

探索に出したキャラベル3隻のうち1隻が、東方に小大陸を発見した。

f:id:tombi-aburage:20211219081448p:plain

技術的にはかなり遅れたビザンティン帝国がそこにはいた。
都市の数だけはかなりあるので、地元じゃ負け知らず状態なのかもしれない。

f:id:tombi-aburage:20211219081354p:plain

羅針盤も無いので、しばらく出てはこれまい。

イワン大帝(大将軍)がケルトに出現している点については突っ込んではいけない。
ケルト・マヤが開戦するという好都合な展開になっている点は喜ばしい。

その両方と取引している我が国は、もちろん静観である。

ターン174 世界最大級の都市・北京を発見

上陸させた探検家が、すでに人口18となっている中国の首都・北京を目視確認した。

f:id:tombi-aburage:20211219081529p:plain

ターン185 黄金時代を発動

マウソロス霊廟は他国にとられてしまったので、次の偉人が出たら黄金時代発動のつもりでいたのだが、アレクパワーで偉人が出たので、黄金時代の発動に回すことにした。

f:id:tombi-aburage:20211219081636p:plain

キャラベル3隻による探索の結果、世界はこんな感じになっていた。

f:id:tombi-aburage:20211219081724p:plain

ターン194 不意にベルリンを発見

ドイツの所在だけ不明だったが、海路キャラベルが探索して位置を特定した。
アメリカ先住民と同じ大陸に共存していたようだ。

f:id:tombi-aburage:20211219082151p:plain

ナポレオンは、毛沢東と絶賛戦争中

フランス・ナポレオンにとっては、陸路では中国・毛沢東方面しか出口が無く、しかも異教なので戦争するしかない。

f:id:tombi-aburage:20211219082317p:plain

こりゃ中々のスタックだわ。杭州ごとき、ひとたまりもあるまい。
中国の主戦力が長弓レベルなので、補助しないと北京も危ないかもしれない。

CIV4 宗教志向だけど開始技術に神秘主義無しってどうなのエジプト・ハトシェプスト(皇帝)

エジプト・ハトシェプストで開始。

首都の資源はバランスがとれており、大理石・象牙が圏内に入っている。

エジプトは、宗教志向なのだが開始技術に神秘主義が無いので、仏教はもちろんのこと、ヒンズー教の創始すら難しいのだが、固有建物のオベリスクが強力なこともあり、初手は神秘主義となった。

ターン3 第二都市の候補地の目星がついた

最初の小屋で斥候を引くという幸運に恵まれ、南方にとうもろこし・豚付きの湖という好立地の候補を発見した。

f:id:tombi-aburage:20211212071714p:plain

ターン7 東南の隘路は、そのうち余裕があれば都市を建てて塞ぎたい感じ

南方は、あの先はジャングルであり、アメリカ・ルーズベルトの斥候と遭遇したので、これ以上斥候で調査しても実入りは薄いとみて、東南方向の調査に振り向け直した。

二番目の小屋でも斥候を引いた。ついている。東南の湖と草岡の隘路の辺りを調査したたが、資源はとうもろこし以外何もなかったので、第二都市を出すほどの価値はない。

f:id:tombi-aburage:20211212072312p:plain

ターン17 戦士で黙々と南方を探索

これは中々素晴らしい幸福資源地帯だ。湖や魚があるので、象牙や宝石は全部ジャングルではあるが、十分に有用な土地だといえる。

最南端にアメリカ・ルーズベルトの都市を発見した。

第二都市のとうもろこし・象牙は確定だとして、宝石が入る形で湖のほとりに第三都市を出して封印できるかどうかが勝負どころ。

f:id:tombi-aburage:20211212072831p:plain

ターン30 戦士で湧き潰しをしながら、開拓者を生産

熊がうろついていたので、第二都市候補の南方の森林丘と、西方の禿丘に戦士を配置して迎撃&湧き潰しを狙う。

森林丘陵の方は、熊が隣接して来ても防御ボーナスでおそらく勝てるだろうが、戦士がしくじった場合には禿丘の方に開拓者を回せるように備えているつもり。

しかし禿丘の方は…熊が来たら、すみません逃げます…

f:id:tombi-aburage:20211212073357p:plain

ターン45 北東に広がる無人の沃野を見よ

北方には朝鮮・王建がちらりと見えている。
北東は切り取り放題の無人の沃野となっており、いまのところこの方面ではズールー・シャカ、朝鮮・王建の2勢力の斥候と遭遇しているので、彼らとの争奪戦になりそうだ。

f:id:tombi-aburage:20211212073810p:plain

ターン52 第3都市の候補地はアメリカに取られそうなので、ストーンヘンジに賭けてみる

第二都市は当初予定した位置より1マス南のジャングルに建てた。豚は外れるが湖が多めに入る位置にした。

第三都市を西方に建てれば封印できるとみて、戦士を張りこませていたところ、ルーズベルトの開拓者の一団がこちらめがけてやってきた。どうやら、この位置の封印は間に合わなかったようだ。

f:id:tombi-aburage:20211212074443p:plain

第三都市の開拓者の前に、ストーンヘンジを建てられないかチャレンジ。
間に合わなかったとしても、換金されれば財政は助かるので、それでもいいという考えだった。今回は斥候が小屋からお金を見つけておらず、いま国庫の資金はゼロなのだ。

f:id:tombi-aburage:20211212074301p:plain

ターン61 ストーンヘンジは競り負けて換金、でも一神教は確保できた

第二都市がユダヤ教の発祥地になった。西の方にはルーズベルトの都市があるが、おそらく文化圏で圧倒して包摂できるだろう。よくやった。

f:id:tombi-aburage:20211212075238p:plain

ターン67 斥候が朝鮮の文化圏に捕まったw

ハカセ~、出れませーんw

朝鮮の文化圏が拡大してくれれば出られるのだが、彼らはそういう文明ではなく、結局のところ出られず仕舞い。この後数十ターンを無駄に過ごすはめに。

f:id:tombi-aburage:20211212075311p:plain

ターン80に筆記開発完了したので、解放交渉したのだが、相互通行条約の締結に応じない。抑留された斥候は解放してもらえないようだ。

f:id:tombi-aburage:20211212080705p:plain

ターン72 アポロ神殿を建てて、君主政治に突入

都市間の隙間を詰めて、ルーズベルトは封印していく。
第三都市は首都と第二都市の間に、豚と象牙2が入るように出した。

第四都市は、魚と豚しか資源がない所ではあるが、湧き潰しにはなるので禿丘の上に出した。本当は東の方に出したかったのだが、そこまでの間の見張りが不十分だったので、安全なところに出さざるを得なかった。

首都と第二都市以外は、君主政治を生かしきれるほどの成長力が無いのが悩ましいところ。一神教ルートの代償として、畜産も採鉱も筆記も開発できておらず、労働者もワンオペなので改善が追いついていない。

f:id:tombi-aburage:20211212075809p:plain

ターン82 万里の長城が当確

ストーンヘンジは競り負けたが、万里の長城は当確となった。
これ出しておけば、中原に都市出ししても暫く無防備にしておけるので、今回のようなマップではかなりメリットがある。

f:id:tombi-aburage:20211212080909p:plain

次のターン、アルテミス神殿については誰かに取られてしまった。
また国庫払底していたので、換金されて潤った。

f:id:tombi-aburage:20211212081152p:plain

ターン86 最初の預言者が出てソロモンの神殿を設立

エジプト名物オベリスクのおかげで、迅速に預言者が出現した。
技術は大したものがもらえないので、ソロモンの神殿の設立に回す。

f:id:tombi-aburage:20211212081406p:plain

ターン90 ボストンが仲間になりたそうにこっちを見ている

ボストンで親エジプト分離派による叛乱が起きた。
併合はもう時間の問題だろう。

f:id:tombi-aburage:20211212185231p:plain

ターン101 ほぼ達成は不可能なクエスト発動

図書館11個建てろって…皇帝レベルだと都市11個出すだけで経済破綻するわ!

f:id:tombi-aburage:20211212185654p:plain

ターン103 二人目の預言者が登場、神学ジャンプでキリスト教創始

丁度、中原に都市を出したところなので、キリスト教はここで創始されるはずだ。
これで朝鮮の南下はブロックできるはず。

f:id:tombi-aburage:20211212185744p:plain

ターン113 何とかかんとか文学の開発を完了した

都市を出し過ぎたのか、財政は苦しいどころか研究ゼロ%に張り付いている状態。
図書館の効果でノロノロと開発が進むいわゆる飽和状態に陥ってしまった。

そんな中で市民配置を工夫して、やっとこ文学の開発が完了した。

f:id:tombi-aburage:20211212190200p:plain

この3ターン後、ターン116にパルテノン神殿が聖都で完成。
アメリカの都市にさらに文化圧力をかけていく。馬も1つだけ都市圏内に入ったので、今更だが重チャリを試作し始めた。

f:id:tombi-aburage:20211212190820p:plain

ターン119には、3人目の偉人(科学者)が図書館の町に出現。
技術は大したものがとれないので、都市に定住とした。後から考えると、黄金時代発動の方が正解だったのだが。

f:id:tombi-aburage:20211212190823p:plain

ターン122、まさかアメリカの南側に他の勢力がいたりしないか調査するため、ユダヤ教の宣教師で偵察した。

f:id:tombi-aburage:20211212191217p:plain

閉じ込められたアメリカは、何気にピラミッド、ファロス灯台などを建てている。

f:id:tombi-aburage:20211212191253p:plain

ターン125、朝鮮の王建、突然キレて宣戦布告

オワタ 余っていた象とか貢いで機嫌を取っておくべきだったか…目が怖い

f:id:tombi-aburage:20211212191924p:plain

キリスト教の聖地、陥落はほぼ確定だ。

川向うとはいえ、剣士・斧兵2・火車という攻城スタックにばっちり横付けされている。首都の北方にも、チャリ4、火車の機動スタックがうろついており目障りなことこの上ない。

f:id:tombi-aburage:20211212192021p:plain

ターン127、ゼウス像までアメリカに先を越された

万里とゼウスはセットで取りたかったので、建造を進めていたのだが先を越された。

f:id:tombi-aburage:20211212192118p:plain

ターン128、キリスト教の聖地は陥落

いちおう弓兵が守っているし、文化圏と重チャリのおかげで、首都陥落はあり得ないが、だからといって奪回できるだけの余力もない。

何しろ、鉄・青銅器すら開発していないので、弓・重チャリ以上の軍事ユニットが出せないのだ orz

f:id:tombi-aburage:20211212192556p:plain

ターン133、アレクまでアメリカに先を越されて心折れた

ボストンは、ついにエジプトに吸収された。

文学の完了前に、首都に図書館を建てていなかった自分が悪いのだが、アレクサンドリア図書館までアメリカに先を越された。

文学は渡さなかったのに、アメリカはすでに独自開発していたようだ。

エジプトらしいプレイが出来て、面白いマップではあったが、心が折れて投了。
君主政治を生かせる人口キャパのある都市が少なすぎたのがアメリカとの建設競争に勝てなかった要因か…馬が遠すぎて、重チャリハラスもできなかったし…

やっぱり皇帝くらいのほうがきわどくて面白いね。

CIV4 同一宗教でも襲ってくるズールー容赦なし(皇帝)

f:id:tombi-aburage:20211208231958p:plain

ランダムでイザベルを引いた。

できればヒンズー、ムリでも一神教確保の方向で技術研究にまい進する。

ターン7 ハトシェプストに遭遇、中々良い土地だった

氾濫原・森林が多いので、特に改善しなくても、そこそこ出力がある。
宗教一直線の場合、他の技術は開発できないので、丁度良い。

f:id:tombi-aburage:20211208232200p:plain

ターン41 一神教は何とか確保

ヒンズー教は取れなかったが、一神教は一番乗りとなりユダヤ教を創始した。

イザベルは宗教志向なので、即座に改宗して幸福1を確保。次のターンには政治体制も変更する予定。

f:id:tombi-aburage:20211208232301p:plain

第二都市でユダヤ教が創始したので、数ターン後には金山が文化圏内に入ることが確定。ありがたい。

f:id:tombi-aburage:20211208232755p:plain

ターン70 首都の真南の草原に馬が湧いた \^^/

畜産を開発し終わり、馬の所在が判明。首都近傍に馬が湧いた。
畜産資源が隣同士なので労働者が効率よく改善できる。もう一つの馬は第二都市の東。
宗教パワーでこれも確保できる可能性が高い。

f:id:tombi-aburage:20211208233010p:plain

しかし西では、気になる動きが。
スコアではビリのズールーが幅寄せしてき始めた。

f:id:tombi-aburage:20211208233538p:plain

ターン91 ズールー放置は危険なので洗脳を始める

筆記の開発が完了したので、国境開放してもらい宣教師でズールー領内を偵察させ、偵察が終わったら布教することでリスク低減を図ることにした。

ターン 101 ズールーにスコア逆転され、さらに幅寄せされる

宣教師による領内偵察で、ズールーの全貌が明らかに。

すでに5都市も出しており、鉄も馬も持っていて、国土内は道路完備・鉱山モリモリとなっていた。これはヤバい。

f:id:tombi-aburage:20211208233952p:plain

ターン 109 もうやめてイザベルのライフはゼロよ!

あの…すみません…そこに兵力集結するって、どういうことでしょう。
同じユダヤ教じゃないですか。北に無宗教のロシアいますよ。

f:id:tombi-aburage:20211208234240p:plain

ターン 110 オワタ orz

我が方は、チャリオット2騎が主戦力、首都防衛は只の戦士という惨状。
首都陥落決定。投了だな…

f:id:tombi-aburage:20211208234345p:plain

どうも皇帝では荷が勝ちすぎていたようだ。次から国王に格下げだ。

 

CIV4 神立地の成長速度を検証するための記録用紙

マップはフラクタル・巨大、皇帝レベルで立地が良さそうだった場合に、ターン数とともに書き溜めておき、後で比較してみようと思う。

事例 川沿い平原丘陵、貝3、陸地はフル森林

首都近辺は中々の高出力。南方は果てしなくジャングルだったので、首都を人口マックスに維持しながら開拓者を次々出す作戦とした。

  • 文明:バビロニア、ハンムラビ
  • 首都:平原丘陵221
  • 資源:貝3、牛1
  • 森林:7

ターン20 人口3に到達、作業船1隻めが生産完了間近

北の貝は当初見えておらず、圏内に入れられなかったが、3つもあれば十分だ。
さらに真下が石材だったら、絶好のモアイ日和の場所だったのだが。

f:id:tombi-aburage:20211129215041p:plain

ターン40 人口5に到達、作業船3隻が稼働中、開拓者生産開始

奴隷制度とかは一切使わず、自然成長のみだが漁船1隻目を出してからが異様に早い。

技術開発は漁業・帆走を優先して灯台はすでにあるが、畜産すら開発できていない。改善する地形がないので、労働者は出していない。

f:id:tombi-aburage:20211129215105p:plain

後続の都市を出す良い場所が直近のオアシス近辺以外になく心が折れた。
残念だったが、この後の開拓者・労働者生産は非常に楽にできる神立地だった。

事例 さらに極端な海洋資源に特化した神立地

  • 文明:マヤ
  • 首都:草原丘陵211
  • 資源:魚3,貝2、とうもろこし1
  • 森林:11

先ほどの事例よりもさらに極端で、何と5つの海資源が都市圏内にあった場合。

f:id:tombi-aburage:20211202214203p:plain

ターン34 作業船4隻、薬草イベントが出て衛生は上がったが成長にはマイナス

薬草を試して衛生を上げるかどうか試すイベントが発生した。

脊髄反射で試したところ、衛生は上がったものの、かわりに人体実験された不幸な市民が一時的に発生することとなった。副作用のこと忘れていた。

f:id:tombi-aburage:20211202214324p:plain

衛生がさらに上がったが、今必要なものは衛生ではなかったので失敗だ。

f:id:tombi-aburage:20211203072007p:plain

ターン40 漁業に寄り道したけど、一神教では巻き返せた

海資源のコイン効果は絶大で、漁業をとった後から一神教ルートを取っても間に合ってしまった。改善するのに漁業以外の技術が要らなかったという点も大きい。

f:id:tombi-aburage:20211203072824p:plain

ターン51 漁業資源5つがフル稼働に戻る

人体実験の不幸な市民の黒歴史が払拭されて、幸福状態戻った。
開拓者の生産に関しては圧倒的な速さ。

f:id:tombi-aburage:20211203075200p:plain

ターン69 合計3都市となり、君主政治開発に突入

f:id:tombi-aburage:20211203075357p:plain

薬草テストで実質人口ではやや劣るが、一神教レースに勝っており、第2・第3都市が出せている分、より有利な展開だったといえる。

事例 完全孤立の半島、3マス向こうに石材・大理石あり

初期斥候で数ターン後には、完全孤立の半島であると判明した。2マス以内ではないが石材・大理石が両方あり、森林もそこそこあるので、文化遺産の建設に励む方向で。

  • 文明:神聖ローマ
  • 首都:平原丘陵221
  • 資源:貝1、豚1
  • 森林:6

開始早々、多神教に張ったら、ヒンズー創始に成功。
文化圏拡大にブーストがつき、半島内での蛮族発生の可能性が限りなく低減した。
うろついていたライオンも自然消滅した。

ターン50 首都の人口5、第二都市を出したところ

そのまま一神教に突っ走ったら、ユダヤ教の創始にも成功した。

ユダヤ教の都市でハンマーブースト25%が付くので、さらに遺産の建設が速まるという好循環を期待できる。さらにはユダヤ教が他の2都市にも即時伝播した。

石工術が最優先で、未だに畜産・農業を開発する余地は無く、豚・とうもろこしは改善できていない。貝は漁業を斥候が入手したので利用できている。

f:id:tombi-aburage:20211130074640p:plain

文化圏の拡大はヒンズー教の効果もあって早いので、労働者を一人だけ出し、鉱山・道路だけは作れるので、まずは1個作ってみたところ。

ターン73 首都の人口5、第3都市あり

労働者、さしてやることないので道路はくまなく引けており、半島内は交通至便。

ストーンヘンジは他国に先を越されたが、淡水の隣の草原森林を伐採してアポロ神殿は一番乗りとなった。君主政治を確保。

f:id:tombi-aburage:20211130075152p:plain

この後、半島を脱するための開拓者を1個出した後、ピラミッド建設に着手した。

ターン98 首都の人口7、半島から脱出するも展望乏しい

半島の先にある本土…いや逆か。半島の根元にある本土。

もしかすると鉄や馬はあるのかも知れないが、あまりウキウキ感はなく、すでにロシアがはびこっていた。

f:id:tombi-aburage:20211130082802p:plain

第4都市を出してはみたものの…首都から遠く維持費が高い。

f:id:tombi-aburage:20211130082427p:plain

ターン103 なぜそこから湧いた?しかも片方は槍兵じゃねえか。

ユダヤ宣教師が頻繁に通過するなど交通量の多い幹線道路に、何故か蛮族が2つも湧いた。余った漁船で海岸を見張ってすらいたのだが。

いちおう奴隷を鞭打って防壁と弓兵は出せるので、多分防衛できるが、いっそ蛮族に取らせてみようか、などとも考えたくなってきた。

f:id:tombi-aburage:20211130083003p:plain

ようやく畜産が完了して、半島の喉元に馬が出現したので、ここを固めてしまえば誰も入ってはこれないが、こちらも銅すら領内にはないので、鉄が出なければ押し負けることになりそうだ。

ヒンズー、ロシア両方とも布教できるので、ロシアをユダヤ教に染めて、サラディンフビライをヒンズーに染めて内紛させ、漁夫の利を得る策など面白いかもしれない。鉄が出なければ。

続きをやるかもしれないので、セーブファイルは取っておこう。

事例 ベタ氾濫原と金山2つ

インドで開始し、氾濫原の中という判断難しい所に出現した。
氾濫原が多いと、衛生が確保できないことが多いので、ほどほど森林を含む形で立地しないと、あっという間にサチってしまうので、北西の氾濫原に一歩進んで立地する。

f:id:tombi-aburage:20211203082246p:plain

宗教志向なので多神教に走ったらヒンズー教は創始できた。

しかし当初の状況では衛生4までしか確保できなかったので、首都を成長させる動機がなかったため、石材も無かったけれど何となくストーンヘンジに生産入れていたら完成してしまったw

氾濫原2、金山2に配置していたので、都市人口は4だが金山ハンマーとコインはフル活用できたことが大きい。金山コインの効果で、畜産・農業も開発できたので改善を施したところ、ようやく衛生6になった。

f:id:tombi-aburage:20211203082544p:plain

この後、ターン72に第三都市向けの開拓者を出したのだが…

f:id:tombi-aburage:20211203083113p:plain

蛮族槍兵に金山確保され、後続で蛮族弓兵2体が首都を襲う。

弓兵2体作っていたのだが、開拓者生産中だったので探索に出していたところ、首都を襲われてしまったという情けない話。

金山を弓兵で守ることすらできなかった己の非力さを悔やみつつ投了。

事例 海産物3つ、石材・大理石完備、山脈で分断された陸の孤島

こちらも石材・大理石が揃っていたケース。
しかもハンマー系、食料系、森林がバランスよく配置されている。

クメールでいきなり引いた、第二都市まで約束された神立地。
さっきのは置いといて、まずこれをプレイしなければ…

f:id:tombi-aburage:20211129220557p:plain

首都の立地を2つ南の平原丘陵にするか、北東の石材上にするか迷ったが、石材の方にした。森は少なく、北はジャングルだが悪くはない。平原丘陵は第二都市で確定。

  • 文明:クメール
  • 首都:平原石材22
  • 資源:貝1、牛1
  • 森林:4

初期斥候の偵察で数ターン後には、東方が完全に山脈で遮断された陸の孤島と判明した。これはこれで面白いかもしれない。北東のジャングルには抜け道が作れそうだ。

f:id:tombi-aburage:20211130084237p:plain

南方に広がっている砂漠を超えると、横一直線の禿山丘陵があり、その先で砂漠は終わっていた。砂漠なのにライオン大杉。

f:id:tombi-aburage:20211130085111p:plain

斥候が斥候を生んで3名になったので、探索は捗っており、マヤ、中国の始皇帝に遭遇した。マヤのパカルにはチャリオットハラスメントが利かないので痛い。

パカルについては、怪しい資源が無いか、みっちり偵察しておく。

f:id:tombi-aburage:20211130092531j:plain

ターン19 漁業を最優先で開発し、労働者を出す

第二都市でも漁船が必要になるし、海側の防衛も必要なので。
労働者はその後に出せばよかろう。石材・大理石は両方圏内にあるが、

f:id:tombi-aburage:20211130085436p:plain

ターン44 第二都市を予定地に建設

漁船は首都で作れたので、同期して送り込んだ。もう1隻は第二都市で作らせる。

f:id:tombi-aburage:20211130090442p:plain

ターン54 万里の長城

石材の効果で早々に万里の長城の建設が完了。

f:id:tombi-aburage:20211130092641p:plain

もともと蛮族入ってこれない地形だったので、ピラミッドにすべきだった…

f:id:tombi-aburage:20211130092824p:plain

ターン71 海側はイマイチだった...

おあつらえ向きなことに、サイズ的には各島に丁度1個ずつ都市が作れる。
モアイは第二都市だと海7枚に過ぎないが、この島だと海10枚なので、こちらで作るべきか。

f:id:tombi-aburage:20211130093009p:plain

ターン80 第三都市を中原に繰り出す

パカルの北上を阻止する位置に出した。

f:id:tombi-aburage:20211130094549p:plain

ターン85の時点では4都市出しており、中々好調である。

f:id:tombi-aburage:20211130095206p:plain

しかし、保存するのを忘れて次の神立地テストをしたため、ここで強制投了となった orz

事例 金融・勤労志向で銀2つ、小麦・牛、フル森

  • 文明:インカ
  • 首都:単なる草原
  • 資源:小麦1、牛1
  • 森林:12

これだけ森と銀山があれば、金融・勤労志向なので、技術・遺産で序盤ぶっちぎれるかもしれない。相性が良い好立地。

f:id:tombi-aburage:20211202073915p:plain

開始早々、銀山に労働者を配置してケチュア生産。技術出力は世界最高に違いないと確信して、今回は瞑想に張ってみた。

f:id:tombi-aburage:20211202073932p:plain

ターン9 仏教創始レースに1ターン差で敗れる

はう!1ターンの差で仏教取られてしまった orz
やっぱり確度の高い多神教にしておくべきだったようだ…逃しても一神教リカバリできるし。

f:id:tombi-aburage:20211202073937p:plain

ターン14 北方の朝鮮(王建)に宣戦布告

インカ名物、ケチュアハラスメント。対弓兵戦闘力2倍なので反撃されない。

f:id:tombi-aburage:20211202073955p:plain

ターン26 労働者をようやく1名拉致

小麦・氾濫原の農地は略奪して資金を少しゲット。
その後、何故か都市から外に出てきた労働者を拉致することができた。

f:id:tombi-aburage:20211202075701p:plain

ターン33 北方に石材を発見、ここに第二都市を建てて道で繋げば(じゅる

朝鮮の南方進出を防ぎ、かつ石材を利用する遺産の建設を実質4倍にできる見込みが立った。インカの場合には、ケチュア戦士を哨戒させておき、動物に出会ったときは森丘で待ち伏せ。斥候に出会ったときは抹殺することにしている。

f:id:tombi-aburage:20211202081242p:plain

ターン40 銀鉱山が2つ稼働、3マスめだが馬も出て、さらに神立地に

金融志向で銀鉱山2つは、中々の高出力。牛と小麦が使えれば、遅いけど一応は成長する。フル森12マスの代償なので、ウマ圏外は仕方あるまい。しかし宗教創始か遺産建設で都市圏内に入るのは時間の問題なので、気にすることはない。

f:id:tombi-aburage:20211202082237p:plain

北方の牛を使いたかったので畜産を開発したのだが、そろそろ石工術を開発して、石材を使って遺産の建設ができるようにしておく。

f:id:tombi-aburage:20211202082303p:plain

ケチュア戦士は朝鮮の首都、南西の森林丘陵に常駐して監視を続ける。かなり効果的に妨害ができているようだ。

f:id:tombi-aburage:20211202082618p:plain

そしてここから、ケチュア戦士の監視のもと、初期ラッシュで拉致した労働者と、自前生産した労働者のコラボによる「インカの道」建設が始まる。

f:id:tombi-aburage:20211202082834p:plain

ターン60 見るがいい!勤労志向・石材ブーストの破壊力を!

万里の長城ストーンヘンジのダブル建設を開始。

はははははははははははははははは!見るがいい、インカの雷を!

f:id:tombi-aburage:20211202083317p:plain

ターン62 その2ターン後、「ストーンヘンジが、異国で完成しました!」

はははははははは!はは?はぁ?

ストーンヘンジが、異国で完成しました!」

労働者を2名、首都近辺の森林伐採に戻したが、間に合わなかった。
あと1ターンでユダヤ教確定なので、馬の上に牧草地でも建てるか…

f:id:tombi-aburage:20211202083648p:plain

ターン64 ユダヤ教レースには勝った

仏教レースには敗れたが、ユダヤ教レースには勝った。
これも全て銀山2つのおかげ。運が良ければ仏教・ユダヤ教のダブルも可能だったかもしれない(妄想)

f:id:tombi-aburage:20211202084728p:plain

ターン76 「万里の長城を建設できません。」

第二都市での万里の長城は15ターンかかる見積りだった。したがってターン75に建設完了の予定だったはずだ。しかし、このような通知を受け取るはめになった。

同じターンに建設完了の場合、プレイヤー側が勝つと思い込んでいたがAIが先に取ったようだ orz

f:id:tombi-aburage:20211202083806p:plain

心が折れて投了

遺産建設に全てを賭けてきたのに、両方ともとられてしまった。

AIの都市サイズ8、6なので総合出力で敗れていたようだ。僅差だったので、仏教(瞑想)への寄り道で青銅器・畜産で出遅れたのも微妙に響いたのかも知れない。

あるいは、プレイヤーに石材出るときはAIに出ているの法則が発動していたのかもしれない。

f:id:tombi-aburage:20211202083810p:plain

事例 オアシス横石材真上、羊とうもろ毛皮砂糖のバランス神立地

  • 文明:フランス、ドゴール
  • 首都:平地石材
  • 資源:オアシス、羊、とうもうろこし、毛皮、砂糖、
  • 森林:11

ドゴール勤労なので石材の真上に建てた。改善技術は色々必要だが、圏外すぐに金鉱・牛・小麦などもあるバランス立地。

ターン103、万里の長城・ピラミッド・空中庭園完備の首都に

裸丘に掘っておいた鉱山に銅まで湧き、素敵な首都になった。
北方の島に馬が湧いているのにはワロタ。

f:id:tombi-aburage:20211214082159p:plain

あまりにうまくいきすぎて、逆にやる気が続かず放置。

事例 信頼と実績の平地丘陵大理石真上

  • 文明:アステカ、モンテスマ
  • 首都:平地丘陵大理石
  • 資源:大理石、象牙、米、氾濫原多数、
  • 森林:少々

平地丘陵大理石を見ただけで、ほぼ神立地が確定なのだが、それが川沿いにあり、しかも氾濫原まで完備しているという神立地。普段はモンテスマではプレイしないのだが、神立地すぎて続けるしかなくなった。

f:id:tombi-aburage:20211214082713p:plain

そしたら案外好調で、ヒンズー・ユダヤをダブル創始、アポロ神殿建設からの君主政治移行により、人口は迅速に10を超えて世界最高の都市になってしまった。

ターン125 聖地2つ、アポロ、アカデミーのありがち首都で人口は14

小屋1つも無いのに収入がプラスなのは何で?

と思ったらソロモン神殿が叩き出すお布施収入21のおかげだった。

f:id:tombi-aburage:20211215191520p:plain

都市は3つしかない。4つ作ったのだが、弓兵蛮族に1つ取られてしまいましてね。

ジャガー戦士、どうやって使うのかな…

事例 絶望的な極地の代償としての縦一直線の銀山

  • 文明:エジプト、ハトシェプスト
  • 首都:草原丘陵
  • 資源:魚2、蟹2,銀山3,とうもろこし、鹿

北極や南極付近に出現した場合、時々ものすごい数の資源が出ることがある。

f:id:tombi-aburage:20211205071228p:plain

労働者・開拓者と研究開発については恐ろしいほどの高出力。
ターン56時点で労働者2つ出し、一神教もこの後とれた。

銀山はツンドラ禿山に縦一直線で4連続となっている。

f:id:tombi-aburage:20211205071513p:plain

ターン66の都市出力は、このような塩梅。海洋資源のおかげでツンドラ禿山銀山が全く気にならない。

f:id:tombi-aburage:20211205071608p:plain

事例 ときおり出てくる毛皮の大産地

北極や南極付近に出現した場合、時々ものすごい数の毛皮が出ることがある。
ツンドラとの組み合わせだった場合、ありがたくも何ともないのだが、今回は食料資源が別にあり、毛皮が平地との組み合わせなので高出力となった。

毛皮が平地森林の場合にはハンマー2なので、森林が生えてくるのを切望しているのだが、いまのところ平地森林の毛皮は1タイルしかない。

ターン96時点で、ストーンヘンジあり、一神教ありで人口8。このほかに第3都市まで出してある。万里の長城は競り負けてしまい建てられず。

f:id:tombi-aburage:20211211075437p:plain

事例 相性次第ではカス立地も神立地っぽくなる

  • 文明:イギリス、ビクトリア
  • 首都:平原丘陵
  • 資源:氾濫原2、とうもろこしのみ(後で馬が出現)

農業・採鉱という基本技術しかないにもかかわらず、川沿い禿丘2つを鉱山にして高出力を確保した。ターン40で第二都市を出しており、首都もそこそこ。

f:id:tombi-aburage:20211202090703p:plain

何にもない草原であっても、後から馬やら銅やら出たりもするので、神立地でなくても諦めるなという教訓として。

事例 とうもろこし2、豚1、フル森林

  • 文明:ラグナル
  • 首都:ただの平原
  • 資源:とうもろこし2、豚1(後で馬も出現)
  • 森林:16

最初は馬が出ているマス以外、全て森林で埋まっていた。

すでに淡水沿いの森林を3か所伐採済みだが、伐採した森林が数ターン後にまた生えるという再生力の高さで2回伐れたところもあった。

ターン53時点で、首都人口5、都市3つになっており、ハンマーの少なさは青銅器・森林伐採であっさりカバーできるという実例でもある。

f:id:tombi-aburage:20211203080739p:plain

但しプレイとしては失敗で、創造志向もないのに2マス先にしか資源のないところに第2都市を建てたりしてしまった。

事例 豚2、とうもろこし1、オアシス付きフル森林

  • 文明:オランダ
  • 首都:草原丘陵
  • 資源:豚2、とうもろこし1、オアシス付き(後で馬も出現)
  • 森林:15

全く無駄なタイルがなく、川も完備したまさにオランダ向きの神立地。

ターン33時点で、人口5になっており、無駄なく開拓者を生産できた。 

f:id:tombi-aburage:20211202091552p:plain

 

CIV4 陸ラグナルでバビロニア討伐(皇帝)

ラグナル(皇帝)にてプレイ開始。

ターン1 食料には困らなそうな場所に出現した

開始時点の場所は一見、良いように見えるが、最北端の氾濫原2つが圏外となってしまう。CIV6は3マスだが、CIV4は2マスなので、この場所での立地は少なくともない。

では1つ上の氾濫原に建てるのはどうだろうか?

f:id:tombi-aburage:20211128090014p:plain

カリスマ的な指導者ならば幸福ブーストがあるのでなくもないが、ラグナルでは幸福資源が足りずに多分、市民が遊んでしまうだろう。

北北東にある禿山の丘陵、ここが淡水の隣ならば悪くないのだが、マウスオーバーで確認したところ淡水の隣では無かった。

斥候で小屋を取ったら、斥候が増えた。これは序盤では一番ありがたい。
出てきた斥候をさらに西に向かわせたところ、そこから先は海とのことだった。

開拓者は逆方向の見晴らしの良さそうな豚丘に登らせ、トウモロコシと豚が両方とも使えるような、もっと良い場所がないか調べることにした。

ターン2 大理石のある平原を発見したので、ここを首都にする

豚丘から南方を望むと、大理石が見つかった。

さしあたり首都については、トウモロコシと豚は圏内に入れつつ、ハンマーと伐採できる森林を重視して、大理石の上に建てることにした。

f:id:tombi-aburage:20211128090208p:plain

左上の氾濫原の河口付近の氾濫原には、第二都市の幻影が見えてきた。

いまオススメの水色のマルが付いているところでなくて、西端の草原豚が範囲に入る河口付近に建てたい。

技術は畜産から

ラグナルの初期技術は車輪・狩猟なので、このままでは何の資源も活用できない。
労働者を出すまでに、畜産は欲しいところだ。畜産の次は、この場所だと、農業になるかな。採鉱できる場所が1か所しかないので。

f:id:tombi-aburage:20211128092329p:plain

ターン6 バビロニアのハンムラビ大王に接触

東のほうから、ハンムラビ登場。顔に似合わずは余計だぞ。

f:id:tombi-aburage:20211128092337p:plain

ハンムラビということは、固有ユニットの対白兵ボーナス付き弓兵が大量に出てくる。
こんな口が利けないようにうまく抑え込みたいところだ。

ターン10 もっと良い第2都市候補地を発見

開発中の畜産を斥候が貰ってしまった

ちょっと悔しいが、加速されたとでも思っておこう。

f:id:tombi-aburage:20211128115959p:plain

斥候2名はライオンやクマにも襲われず、順調に偵察を進めている。
氾濫原よりもよさそうな第2都市の候補地も幾つか見つけた。

第一候補が東北にある氾濫原の禿丘、第二候補は右下の馬と羊が入る禿丘だ。

f:id:tombi-aburage:20211128120209p:plain

研究開発は農業に切り替えた。人口が2になり、農業も10ターン後までには開発完了するので、兵舎の生産は後回しにして、先に労働者を出すことにした。

f:id:tombi-aburage:20211128122228p:plain

ターン12 バビロニアも食糧と森林資源豊富な首都のようだ

この森林を材料にして、大量のバビロニア弓兵が造られそうな嫌な予感がする。
この馬を利用される前に、チャリか斧兵あたりでハラスメントを仕掛けないと詰みそうだ。

f:id:tombi-aburage:20211128122320p:plain

ターン17 つくづく贅沢資源の無い兵糧エリアだった

この見事なまでの豚・とうもろこし…贅沢資源は香料1つだけ。

バビロニアを制したとしても、北上して贅沢資源を見つけないと、そっちで詰むぞ。

f:id:tombi-aburage:20211128122927p:plain

ターン21 労働者一号、やっと出た

豚丘・とうもろこしに施設を作る。開拓者の生産に移る。

f:id:tombi-aburage:20211128123404p:plain

ターン26 バビロニアの領土近辺をあらかた調査し終えた

まだ青銅器・鉄器を開発していないので、鉄や銅の所在は不明だが、ウマについては所在を把握することができた。

かなり遠いが北東にも馬があって、ここは唯一の贅沢資源の香料にも近い。
ラグナルだと南の馬は、文化圏内に入れられないので、北東の馬を狙った方よさそうだ。

このあたりを抑えてしまえば、バビロニアの北への拡張も抑止できるし、チャリオット・ハラスメントの準備もできるので、第2都市の候補は変更した方がいいかもしれない。

f:id:tombi-aburage:20211128123626p:plain

開拓者の生産完了が待ち遠しい。

ターン30 エジプトのハトシェプストに遭遇

北方の宝石のあるあたりに向かわせた斥候がエジプトに遭遇した。

f:id:tombi-aburage:20211128124543p:plain

ターン31 食料は最大出力となった

この2つで11もあるのだから、ひじょうに助かる。

但し、満足度は最大が5であり、かなり苦しい展開が予想される。

開拓者を一刻も早く出したいところなのだが、ライオンやクマがウロウロしているし、斥候は遠くに行きすぎて視界確保が怪しい。
そろそろ蛮族も出てきそうなので、視界確保用に戦士の生産を割り込ませた。

f:id:tombi-aburage:20211128124815p:plain

ターン37 ある日、森の中、熊さんに出会った

戦士の攻撃力の強化をポチって、熊に殺されるリスクを少しでも低減しておいた。
瀕死の重症を負ったが、生き残った。

f:id:tombi-aburage:20211128125545p:plain

開拓者はそろそろ出そうだ。

バビロニアは第二都市を真北に建てたようだ。第三都市を建てるまでには、もうしばらく時間がかかるだろうから、この中央は後回しにして、まず北東の馬の方を抑えにいくことにした。

ターン42 第二都市で馬をロックオン

全速で駆け抜け、予定していた位置にて第二都市を建設する。
首都でやることがなくなった労働者も、後を追わせることにする。

f:id:tombi-aburage:20211128130050p:plain

もちろんこの場所でも、ウマの改善した後にやることはないのだが、ラグナルは最初から車輪を知っているので、首都との間の直通道路でも引かせておけばよい。

ターン43 青銅器の開発完了、銅の所在が明らかに

チャリだけではトドメは刺せないので、青銅器も開発しておいた。

f:id:tombi-aburage:20211128130449p:plain

バビロニア領内にあるかどうかは分からないが、銅は2か所あり、両方とも当方で抑えられそうな場所にあったので、ひと安心だ。

ターン63 第三都市を中央の氾濫原に出し、チャリ第一号を生産

第三都市を中央の氾濫原に出し、文化圏でブロックしたので、しばらくバビロニアは北方には進出できまい。

f:id:tombi-aburage:20211128133923p:plain

生産したチャリ第一号も、蛮族対策にひじょうに役に立っている。
弓術を開発しておらず、弓兵蛮族にはチャリでないと歯が立たない。

f:id:tombi-aburage:20211128134236p:plain

首都の近辺に弓兵蛮族が湧いたときにも、予備兵力として急行させた。

この時には、兵舎から出た対弓仕様の戦士2体で倒したが、皇帝レベルで蛮族退治をしくじると命取りなので、多めにつくっておきたい。

f:id:tombi-aburage:20211128134347p:plain

もちろん、バビロニア弓兵(白兵補正付き(に対しても、対弓仕様の戦士ごときは一号戦車のように撃破されるので、チャリオットは量産し続ける。

ターン72 図書館を建てるため、筆記を開発した

何度か皇帝レベルでプレイした結果、拡張すると資金が払底して研究に割り振れる比率がゼロになることも多かった。

しかし図書館で科学者を動員すれば、それなりに研究を続けることができ、詰むことは減ったので、以降、筆記を開発することが多くなった。

f:id:tombi-aburage:20211128135428p:plain

ラグナルの場合、モニュメントすら建てられないので、文化圏を確保するのにも図書館は必須となる。

そろそろ資金難になってきたので、次の研究は陶器

都市を5つも出しているので、そろそろ資金源を確保しないと、詰みそうだ。
氾濫原に小屋を建てるため、陶器の開発に着手する。、

f:id:tombi-aburage:20211128140427p:plain

首都の北西方面の氾濫原、ここに小屋が建ちまくる姿を想像するだけでヨダレが出る。
そろそろ銅も掘りたいのだが、労働者を出す余裕があまりなくて、間に合っていない。

陶器が完了するまでには、少し労働者を増やしておきたい。

f:id:tombi-aburage:20211128140503p:plain

はるか北方には、贅沢資源が2種類あった

宝石と砂糖が散見される。この大陸自体は、南北の資源に大きな差はないようだ。
北方もトウモロコシと豚が多い。

香料も北方にはふんだんにあるが、ジャングルの向こうなので、他の勢力に先に抑えられてしまうだろう。

f:id:tombi-aburage:20211128140548p:plain

社会制度を奴隷制に変更

主に図書館を建て、溢れハンマーでチャリオットを増産すべく、社会制度を奴隷制に変更した。

f:id:tombi-aburage:20211128140633p:plain

ターン74 バビロニアの文化圏が拡がってきた

バビロニアに都市を譲渡するかどうかを質問されたが、もちろん拒否だ。
奪われる前にチャリオットを作れるだけつくらねば…

f:id:tombi-aburage:20211128141705p:plain

ターン85 北方の贅沢資源は、すでに蛮族に掌握されていた

宝石のほうは、何とか確保できそうだ。しかしジャングルには蛮族の国が多数樹立されており、歩き回るのも危険な状態となっている。

けっこういい所に都市を作っているので、剣士を量産して奪取すれば、かなりお得ではある。まだ鉄器すら開発していませんが。

f:id:tombi-aburage:20211128141717p:plain

ターン92 バビロニアに宣戦布告

筆記の開発後、国境を解放したら、当方の第6都市の予定地に、開拓者とバビロニア弓兵が進出してきた。

その場所には2マス以内に銅もあるので、渡すわけにはいかない。

チャリオットも4騎くらいは貯まっており、開拓者と護衛のバビロニア弓兵は倒せるので、宣戦布告することにした。

f:id:tombi-aburage:20211128142728p:plain

開拓者は、美味しく頂きました。労働者として小屋でも建てるがよい。

ターン103 チャリオット・ハラスメントで小屋を破壊し、馬を生産させない

馬を文化圏内に入れられてしまい、後には引けなくなってしまった。

チャリオット数体で道路を切ったり、労働者を町に引き上げさせたりして、バビロニアの発展を妨害する。

丘陵の上で防御中の弓兵には全く手が出せないが、平地や森林であれば、繰り返し攻撃することで何とかすることはできる。

f:id:tombi-aburage:20211128142656p:plain

ターン104 かなりの数のバビロニア弓兵が各都市にいるので、荒らすことしかできない

退避中の労働者や開拓者もいるので、すべてが弓兵というわけではないが、各都市に必ず3ユニット位はバビロニア弓兵がいる状態となっている。

f:id:tombi-aburage:20211128222138j:plain

当方はチャリオットのみと決め手に欠けるが、先方も全てが弓兵なので、野戦であればほとんど互角。道路を分断してしまえば、移動力2で少ないながらも退却確率も一応はあるチャリオットの方が少しだけ有利。

積極的には攻撃してこないので、馬はもちろんのこと、農場も鉱山もことごとく全て破壊した。

ターン106 満足度が低すぎて、かなりつらいが、鉄器は何とか開発できそう

資金不足のため、研究開発の比率は長らくゼロ。
図書館に配置した科学者たちの出力に頼って研究を進めている状況。

f:id:tombi-aburage:20211128223412p:plain

銅は出ているので、鉱山作れば斧兵は出せるのだが、対弓兵バフを付けたとしても、白兵バフが付いているバビロニア弓兵に対しては劣勢を覆せない。

鉄を出して剣士を出せば、いちおう互角にはなるので、顔真っ赤にして必死の鉄器開発をせざるを得ない。

ターン107 散々荒らした後に、バビロニアと和平

道路は一部残ったが、その他の改善は8割がた破壊した。

経済がカツカツの中、略奪による資金増は助かった。開戦時よりも60位は増えたようだ。あまりやることがくなり、敵に襲われるリスクの方が高まってきたので、4ターンしか経っていないが和平することにした。

f:id:tombi-aburage:20211128223750p:plain

一部、略奪し損ねた場所が残ったが、ほとんどの改善を破壊することができた。
和平のさいに、南東隅の森林にチャリが1部隊取り残されてしまったが、他のチャリは領内に戻ったので良しとしよう。

f:id:tombi-aburage:20211128224052p:plain

ターン110 科学者の偉人が出た

図書館に科学者2名を全振りしたので、大科学者ソクラテスが出現した。

f:id:tombi-aburage:20211128225103p:plain

  • 技術獲得の場合、数学が貰えるとのことだが、メリットは薄い。
  • 研究比率ゼロなので、アカデミーを建てても、メリットは薄い
  • 人口が3~6しかなく、黄金期を発動するのも、メリット薄い

つまりは、やることがないので、定住させることにした。

ただし定住場所は、一番安全であり、将来は偉人ファームとなることが嘱望されている西端の氾濫原だらけの都市とする。移動には4ターンかかったが、無事定住した。

f:id:tombi-aburage:20211128230541p:plain

数学の開発に440ターンだったのが、50ターン弱になった。

ターン112 待望の鉄器の技術開発を完了

これで優位に立てる!

と思ったのだが、バビロニアは既に鉄器を取得済みで、しかも鉄鉱山が領内に構築済みだった。これはまずい。

f:id:tombi-aburage:20211128225618p:plain

我が国にも一応、出現はしており、首都の南南西3マスのところにある。
文化圏内に出ただけマシではあるが、道路を引いて鉄鉱山を建設せねばならない。

f:id:tombi-aburage:20211128225858p:plain

バビロニアと次の戦争が可能になるまでは8ターンしかないので、剣士を間に合わせることはできない。敵は剣士を出してくる可能性は高いので、チャリと斧兵をスタックさせないとバビロニア弓兵には勝てない。

斧兵の量産を始めており、首都に第一号が誕生した。

f:id:tombi-aburage:20211128230134p:plain

敵の鉄鉱山は、最寄の丘から2マス以内なので開戦直後に鉄鉱山を掌握・破壊して、新たな剣士・斧兵を作れないようにすることが必須となりそうだ。

f:id:tombi-aburage:20211128230809p:plain

ターン118 第二次バビロン大戦

10ターン経過して停戦期間が明けたので、再び宣戦布告。
チャリの多重スタックを鉄鉱山に直行させ、剣士・斧兵を増やせないようにした。

f:id:tombi-aburage:20211128231134p:plain

すでに剣士・斧兵は出てしまっているのだが、これ以上、増えないことが肝心だ。

ターン122 最北端の都市で、ついに宝石を採取できるようになった。

宝石の採取により、幸福度問題に少しばかりの進展

蛮族の弓兵が傍若無人に闊歩する中で、労働者を他ユニットで防衛しつつ、何とかして宝石を採取できるようにした。

f:id:tombi-aburage:20211128231823p:plain

違いは分からないかもしれないが、市民の幸福度が1向上したので、非稼働の市民はいなくなった。

f:id:tombi-aburage:20211128231804p:plain

ちなみに、この最北端の都市、仏教宣教師には人気があるらしい。
3連星で出現したのにはワロタ。

f:id:tombi-aburage:20211128233709p:plain

大将軍ネブカドネザル2世、戦闘力を鬼ブースト

バビロニアとの戦争は絶賛継続中で、チャリ・斧兵で弓兵を幾つか倒すと、ついに大将軍が出現した。

大将軍を使うと、経験値20ポイントが生み出されが、同じタイルに別の部隊がいると経験値が複数の部隊に分散してしまうので、あえて郊外に1部隊だけ連れ出しておき、そこで使用することが望ましい。

f:id:tombi-aburage:20211128232507p:plain

蛮族弓兵などを倒して経験値が一番高くなっている戦士に大将軍を付ける。
大将軍が付いた部隊は、無償で上位グレードにアップグレードできるので、戦士に付けるのが一番お得だ。

f:id:tombi-aburage:20211128232458p:plain

普段は、移動力プラス1、経験値2倍の昇進を付けるのだが、今回は剣士が都市に迫ってきているので、これを迎撃するために戦闘力を鬼ブーストさせた。

星5つが付いた斧兵で、しかも森林にて防衛中なので、この剣士は返り討ちにすることができた。

f:id:tombi-aburage:20211128232448p:plain

とはいえ首都バビロンは、到底落とせそうもない

ここだけで4体もいる。労働者は5名くらいのようで、先の大戦から10ターンしか経っていないが、停戦中に重要な土地改善を迅速に元通りに戻していた。

f:id:tombi-aburage:20211128233947p:plain

ターン128 あらかた荒らし終わったので、再び和平

鉄や馬の復興を1ターンでも遅らせるべく、今度は道路も丁寧に分断しておいた。

f:id:tombi-aburage:20211129050526p:plain

我が国は一体どれだけバビロニアよりも遅れているのか想像もつかない。
ラグナルの固有建物、交易所(港のかわり、食料ボーナスあり)を建てたいので、詫び料として帆走をいただくことにした。

f:id:tombi-aburage:20211129050611p:plain

侵攻軍としては、チャリオット兵と斧兵で14個ほど。
まだ鉄鉱山掘れていないので、剣士は出せていないが、次の戦争では幾つか出せるだろう。

f:id:tombi-aburage:20211129050956p:plain

ターン136 和平期間の間に、北方へ進出する

現在、接触している文明と指導者は、

であり、バビロニアには勝っているが他の2文明には劣後している状況。

ジャングルには蛮族の国が3つほど確認できており、これらがユスティニアヌスの進出を抑えている形となっている。

f:id:tombi-aburage:20211129051214p:plain

絶対にユスティニアヌスに譲れないのは、このマジャール
弓兵2体くらいしかいないので、対弓強化した斧兵を差し向けて分捕ることにした。
バビロニア国境からここまで移動させるのに8ターンもかかっているので、バビロニアとの戦争はすぐには始められない見込みだ。

f:id:tombi-aburage:20211129051349p:plain

戦闘力75%マシマシで、マスケット並みの戦闘力を備えたネブカドネザル2世の斧兵で殴ってから、予備の斧兵やチャリでカタを付ける。戦闘オッズ 94.8%なので余裕だ。

f:id:tombi-aburage:20211129052351p:plain

ネブカドネザル以外の損害は覚悟していたが、損害もなく占領できた。
近くで働いていた勤勉な蛮族の労働者2体はチャリが拉致して確保したので、ジャングル伐採でもやらせておく。

f:id:tombi-aburage:20211129051455p:plain

ターン137 通貨の開発完了、もう1つの蛮族の国も制圧の準備

蛮族の国征伐で分捕った資金を元手にして科学の出力を上げて、通貨の開発を完了した。しかし他の3国は余剰資金がなかったようで、資源取引を財政の足しにすることはできなかった。

f:id:tombi-aburage:20211129052843p:plain

もう1つの蛮族の国には、剣士を幾つか向かわせている。バルティアは立地が悪いので、略奪して破壊し、開拓者を送り込んで建て直す予定。

満足度が低い状態なので、食料が爆裂しているような都市では、とりあえず開拓者を生産しており、余っているのだ。

ターン137 待望の暦の開発完了、幸福度プラス2

南方に1つしかない香料、北方の大量の砂糖が活用できるようになった。
これでだいぶ楽になるはずだ。近くで干拓などしながら待機していた労働者が一斉に群がり、2ターンくらいで贅沢資源を確保。

f:id:tombi-aburage:20211129053042p:plain

ターン144 まだ復興しきっていないバビロニアにハラスメント

鉄鉱山は最速で復興されたようだが、南方の道路の復興は間に合っていない。
剣士・斧兵が幾つかあるとは思うが、時間は敵に味方するだけなので、国境にあらかた主力を集めたところで宣戦布告した。

f:id:tombi-aburage:20211129053609p:plain

国境沿いを散歩している弓兵などは、剣士のいいカモである。

f:id:tombi-aburage:20211129053545p:plain

大将軍ハミルカル・バルカは今のうちに始末しておいて和平

7ターン後に和平した。敵にも大将軍ハミルカル・バルカが出現していたので、チャリオット4体で総攻撃して始末しておいた。

強くなってからだと対処に困りそうなので。

f:id:tombi-aburage:20211129073018j:plain

相変わらず、各都市にはやたら多くのバビロニア弓兵が籠城しており、剣士をもってしても勝ち目が薄い。カタパルト・ラッシュをかけられるようになれば平地の都市は堕とせるだろうが。

特にもうやることもなくなったので、多神教と資金を貢がせて和平した。

ターン151 かなり水をあけられて3位となっている

スコア

この大陸には多分4つの文明しかないが、その中でも3位となっている。

f:id:tombi-aburage:20211129074723p:plain

文化遺産

ユスティニアヌスは大理石を持っていないが、かまわず文化遺産を量産していた。
仏教の創始者も彼だったらしい。

こちらもそろそろ英雄叙事詩を造って、軍事の産出を上げないとユスティニアヌスに絡まれたときに対処できないので、技術開発は文学方面を優先している。

ユスティニアヌスはまだ文学を完了させていない。今から作れば、大理石の差でアレクサンドリア図書館建設では捲れるかもしれない。

f:id:tombi-aburage:20211129074730p:plain

宗教は、この大陸では仏教が優勢だが、別の大陸ではおそらくヒンズー教が優勢だと思われる。仏教の普及率がコレで、胴元がユスティニアヌスとなると、彼の懐にはそこそこの金が入っていそうだ。

f:id:tombi-aburage:20211129074736p:plain

ユスティニアヌスは既に長弓兵を繰り出してきた

バビロニア戦が終わった後、場合によってはユスティニアヌスと一戦交えるつもりで、軍勢を全て北方に向かわせていた。

しかし、ジャングルを哨戒中に残念なお知らせ。

すでに長弓兵が作れる状況のようなので、剣士・斧兵・チャリオット兵など幾つ集めてもムダだろう。再び、南方に全軍を戻すことにした。

f:id:tombi-aburage:20211129074743p:plain

第三次バビロン大戦で、ジョージ・パットン大将軍が誕生

停戦が明けて数ターン後、兵力は完全に集結していなかったが、これ以上、鉄鉱山と道路建設を放置できず、開戦に踏み切った。

今回は斧兵・剣士が倍くらいになっていて、チャリオットを守りながら戦いきれず、緒戦で数騎を失ってしまった。都市の隣に複数スタックのチャリをおいていたので、負傷した敵部隊が都市から突出してこず、各個撃破が出来なかった。

f:id:tombi-aburage:20211129132948p:plain

しかし一応、幾つかは倒したところで、ジョージ・パットン大将軍が誕生した。
これでようやく二人目だ。

ターン164 この大陸には4つしか文明が無い?何たる思い上がりか!

チンギスハンと遭遇。ハトシェプストと戦争中だった。
何?馬が無くて困っている?差し上げましょう無償で!

f:id:tombi-aburage:20211129132539p:plain

ユスティニアヌスは文学も大理石もないからアレクは楽勝?何たる思い上がりか!

ユスティニアヌスが文学を開発していなかったので、軍備優先してアレクの建造が遅れた。ハトシェプストに先に建てられてしまった。

f:id:tombi-aburage:20211129132716p:plain

戦力7割5分のネブカドネザル大将軍は無敵?何たる思い上がりか!

対斧兵の攻撃力2倍のチャリオット(普通)に瞬殺された。
しまった、このために槍兵を造っていたのに、つい突出してしまった…

f:id:tombi-aburage:20211129133022p:plain

ターン166 心が折れて投了となった

贅沢資源がなかったのだから、最速で君主政治へ移行すべきだったのだが、判断を誤ったようだ。バビロニア虐めは楽しかったが、北方に斥候を出すとか簡単にできる工夫を怠ってしまった。

f:id:tombi-aburage:20211129133639p:plain

今回はここで投了だ。皇帝は中々楽しかった。

CIV6 スペインのフェリペ2世(皇帝)のつもりがCIV4に再ハマリ

中国で始めたら蟹(カニ)立地だったのでリロード。

f:id:tombi-aburage:20211123211334p:plain

CIV4をちょっとだけ…と思ってバビロニア(国王)で始めたら、朝4時までハマってしまった。

tombi-aburage.hatenablog.com

万里の長城ガンジーから奪取したところで、マンサ・ムーサから宣戦布告されたところ。やっぱりマップは、同じ巨大マップでもCIV4の方が広い気がする。

f:id:tombi-aburage:20211124082014p:plain

数年ぶりにプレイしたが、AD1050位の時点でトップになってしまったので、CIV4も皇帝でプレイした方が丁度よさそうだ。